Fire-Ms-Win-Crt-Runtime-l1-1-0.dllを克服する方法がありません

あなたは知っていますか?Windowsにはさまざまなタイプのシステムデータがあり、それぞれのタイプには異なる機能があります。

ドライバーへのVisual C ファイル、DirectX などの簡単な例。

この種のデータには、実際には追加のパーティションカテゴリが含まれます。インストールされていなくても、コンピューターに問題はないので、コンピューターは通常どおり使用できます。

ただし、特定の大きなプログラムをインストールして開く場合は、話は異なります。

必要なシステムデータが不足している場合は、エラーメッセージが表示されることがあります。それらの1つは、「fire-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllが見つからない」のようなものです。これについては、ここで説明します。

エラーメッセージの原因「Api-Ms-Win-Crt-Runtime-l1-1-0.dll is Missing

見て、fire-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllがtrue であるファイルは、ビジュアルクレジットの一部です。

アプリケーションがインストールされていないため、このメッセージが表示されても不可能ではありません。

さらに、このメッセージは、次の原因で発生した場合にも表示されます。

  • 破損したレジストリ
  • DLL ファイルが(誤って)見つかりません。
  • ウイルスがあります。
  • 設定が正しくありません。

ランタイムファイルはゲームドライバーを含め、Windowsのほとんどのアプリケーションで実際に必要です。

したがって、エラーが発生した場合、それは確かに非常に迷惑になります。

しかし、安心してください。解決策があります。

Fire File-Ms-Win-Crt-Runtime-l1-1-0.dllが見つからない」を克服する方法

まあ、これを克服するために、あなたが試すことができるいくつかのことがあります。

以下の手順に従ってください。うまくいけば、問題が解消し、開こうとしているアプリケーションが再び正常になります。

1. ビジュアルクレジットをインストールする

Visual Cをインストールする

ビジュアルクレジット(Microsoft Visual C ++)は、特定のプログラムを実行するときにインストールする必要があるシステムコンポーネントの一部であり、関数自体がCおよびC ++プログラム言語をアクティブにするためのものです。

Windowsを新しくインストールした場合、このファイルはデフォルトではインストールされません。したがって、手動でインストールする必要があります。

どうやって?次の手順に従ってください。

  1. Microsoftの公式Webサイトから最初のVisual C ++をダウンロードします。
  2. アプリケーションを開きます。
  3. [ 使用許諾契約に同意する ]列を確認します。
  4. インストールをクリックします
  5. 完了するまで待ってから、インストーラーを閉じます。

はい、ビジュアルクレジットには多くのバージョンがあります。その中で:

  • 2005年
  • 2008。
  • 2010。
  • 2012。
  • 2015。
  • 2017。

その他。

どのバージョンをインストールする必要がありますか?私のアドバイスは、すべてをインストールすることです。その結果、発生している「runtime-l1-1-0.dllが見つかりません」というメッセージが100%失われる可能性があります。

はい、次のビデオをチェックして、インストールプロセスの詳細な説明を確認することもできます。いくつかの追加のヒントもあります:

2. ビジュアルクレジットプログラムの修復

ビジュアルリペアC

以前にVisual Creditsをインストールしている場合は、プログラムにエラーがあるか、正しく実行されていない可能性があります

この状態は実際に発生する可能性があるため、特定のエラーが発生するリスクがあります。たとえば、「crt runtime l1 etc. missingなどです。

このようなエラーが発生した場合は、実際にプログラムを再インストールするか、修復による可能性があります。

  1. コントロールパネルを開きます(検索フィールドから検索できます)。
  2. プログラムアイコンを入力し、[ プログラムと機能]を選択します
  3. Visual Credits 2015またはVisual Credits 2017を探します。
  4. 右クリック> [ 変更 ]をクリックし、[ 修復 ]をクリックします。

次に、先に「ランタイムがありません」というメッセージが表示されるアプリケーションエラーをテストしてください。できない場合は、コントロールパネルに含まれているすべてのビジュアルクレジットを修復してください。

また読む:「HRESULT-0XC8000222」を克服する簡単な方法(100%作業)。

3. NET Framework をインストールする

NET Frameworkをインストールする

Visual Creditsと同様に、NET Frameworkも、特定のプログラムで非常に必要とされる役割を持つ1つのシステムアプリケーションです。

直接関係はありませんが、発生するエラーcrt runtime」は、このプログラムをインストールすることで最小限に抑えることができます。

メソッドは次のとおりです。

  1. ダウンロード最初の.NET Framework、Microsoftの公式サイト内(最新版をダウンロードしてください)。
  2. アプリケーションを開きます。
  3. [ ライセンス ]列を確認します。
  4. [ インストール]をクリックして続行します。
  5. プロセスが完了するのを待ちます

その場合は、まずコンピュータを再起動してから、実行するエラーアプリケーションをテストします

NET Frameworkのインストール方法の詳細については、この記事を参照してください

4. Windowsを更新する

Windowsを更新する

Windowsのアップデートを行うと「これはありませんなどのメッセージを含む、アプリケーションの特定の問題を克服するのに非常に効果的であることが証明されています。

Windowsの各バージョンには、異なる更新方法があります。

Windows 10の場合、この方法に従うことができます。

  1. Windows 設定を開きます。
  2. [ 更新とセキュリティ ]メニューに入ります。
  3. 更新の確認アイコンをタップします
  4. 次に、利用可能であれば更新します。

その場合は、再起動してください。

また読む:「D3DX9_43.DLLが見つからない」を克服する方法(あることが保証されています!)

5. エラーアプリケーションを再インストールします。

アプリケーションを再インストール

Visual Creditsや他のシステムプログラムとは別に、「fire-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dll is missing」というメッセージは、アプリケーションエラーが原因で発生する場合もあります。

たとえば、インストールプロセスで破損したような。この状態により、格納されているレジストリが正しくなくなる可能性があります

ソリューション:

  • 試してみてください再インストールエラーアプリケーションをいつものように。
  • 異なる新しいデータ(通常は影響力のある)でアプリケーションを使用してみてください。
  • 更新されたバージョンのアプリケーションを使用してみてください。

はい、再インストールする場合は、古いアプリケーションをアンインストールすることを忘れないでください。CCleanerを使用してよりクリーンにします。

また、「0xc00007bを正しく起動できない」を克服する方法[成功!]も参照してください。

6. Windowsを再インストールします

Windowsエラーを再インストールします

ほんの少しの情報ですが Fire-Ms-Win-Crt-Runtime-l1-1-0.dllファイルはWindows フォルダーにあります

NET Frameworkを介してVisual C ++をインストールしようとしたが、それでも機能しない場合は、この問題の原因がWindowsシステムにある可能性が高いです。

解決策は、それがために簡単です再インストール、その後、Windowsのシステムをプログラムとそのアプリケーションを再インストールし、最後にもう一度テストをしてみてください。

閉鎖

したがって、エラーメッセージ「crt-runtime-l1-1-0.dll missing」を解決する方法についての議論。

上記のソリューションは間違いなく非常に強力です。1つずつお試しいただけます。

うまくいかなかったり、質問したいことがある場合は、以下のコメントから送信してください。

役に立つかもしれません。

関連記事