CMDでホットスポットを作成する方法

CMDでホットスポットを作成する方法-WiFiを頻繁に使用する場合、ホットスポットソースとして通常どのデバイスを使用しますか?ルーター、WiFiモデム(MiFi)、または携帯電話からのテザリング?

はい、インターネットに接続されている限り、送信機としてのみ機能するため、これら3つのデバイスを使用できます。

WiFiトランスミッターといえば、最近コンピューターフォーラムの1つで次のような多くの質問があることを思い出します。

「ラップトップまたはPCを使用してWiFiホットスポットを作成することはできますか?」

ええと、答えはもちろん可能です。

個人的体験

私自身、一度これを試しました。ちなみに、私は過去に頻繁に使用した4G USBモデムを持っています。

ただし、ご存知のように、USBモデムの名前は、接続が1つのデバイス、つまりモデムに接続されているデバイスにのみ使用できることです。

そこで、そこから先にモデム経由でインターネットにアクセスできるソースを使用して、自分のPCをWiFiホットスポットとして作成しようとしました。目標は、インターネット接続を他のデバイスと共有できるようにすることです。

気になりますか?ここでそれを議論しましょう:

必要な材料

まず、もちろん、Windows 7、8、または10オペレーティングシステムを搭載したコンピューターまたはラップトップが必要です。現時点では、3つのバージョンのWindowsのみが試されています。

次に、特にコンピューターの場合、最初にWiFiレシーバー(USBの形式)と呼ばれるデバイスを購入する必要があります。レシーバーとして機能しますが、このデバイスをWiFiトランスミッターとして使用します。

WiFiレシーバーまたは通称USB WiFiは、コンピューターストアで購入できます。価格は7万ルピアから12万ルピアの範囲です(地域によって異なります)。形状は多かれ少なかれこのようです:

USB WIFI

次に、ラップトップはどうですか?

ラップトップの場合、ほとんどがWiFi信号を受信するように機能する内部コンポーネントを既にサポートしています。したがって、ドライバがインストールされている限り、関数を実行できます。

Windows 7、8、10でCMDを使用してWiFiホットスポットを作成する方法

以下は、コンピューターまたはラップトップからWiFiホットスポットを作成する手順です。

  • ステップ1:最初に、検索フィールドで「CMD」と入力し、右クリックして[ 管理者として実行 ]を選択します
CMD管理モードを開く
  • 手順2:次に、コマンド「netsh wlan set hosted network mode = allow ssid = LESKOMPI key = password minimum 8 characters ">」と入力して、Enter キーを押します。
コンピューターでホットスポットを作成する

青色でマークした単語は、必要に応じて変更できます。文字と数字を組み合わせた8文字以上のパスワードを忘れないでください。

  • ステップ3:その後、コマンド「netsh wlan start hostednetwork」を入力し、Enterキーを押します。その後、Windowsは自動的にホットスポットを開始します。
CMDでWIFIホットスポットをアクティブ化

注:ホットスポットを停止するには、「netsh wlan stop hosted network ">と入力して、Enterキーを押してください

インターネットにアクセスできるようにホットスポットを設定する方法

上記の説明は、CMDのみでWiFiをアクティブにする方法に限定されており、もちろん完了していません。

特定のデバイス(携帯電話など)に接続すると、インターネットを使用できなくなるためです。

これは、アクティブにされたWiFiがまだインターネットに接続していないためです。

だから、ここに私たちが再設定する必要があるいくつかの設定があります。

ただし、その前に、コンピューターをインターネットに接続できるモデムを準備してください。WiFiアクセスメディアとしてモデムを使用します。

このように:

  • ステップ1:モデムをコンピューターまたはラップトップに接続します。次に、インターネットアクセスを接続します。タスクバーで接続が検出されていることを確認してください。
  • ステップ2検索フィールドに「コントロールパネル」と入力し、次に開きます。
コントロールパネル
  • ステップ3:次に、[ ネットワークとインターネット] > [ ネットワークと共有センター]に移動します。このページで、インターネットに接続されている接続を選択します。
  • ステップ4:[ プロパティ ]メニューをクリックします。
モデムインターネットプロパティ
  • 手順5[ 共有]タブに移動し、[他のネットワークユーザーがこのコンピュータのインターネット接続を介して接続することを許可する]チェックボックスをオンにします。
モデム接続の共有
  • 手順6:[ ホームネットワーク接続 ]列で、以前に作成したWiFi接続に設定します。接続の例は、前のステップ3の図で確認できます。
アクティブな接続設定
  • ステップ7:[ OK ]をクリックします。できました。

ソリューション場合には、メッセージ「アンエラーインターネット接続の共有が有効中に発生しました

正常であれば、モデム接続と以前に行ったホットスポットとの同期を有​​効にする手順は完了しているはずであり、作成したコンピューターまたはラップトップからのWiFiは自動的にオンになります。

ただし、システムによっては、次のエラーメッセージの代わりに表示されるものもあります。

インターネット接続の共有を有効にしているときにエラーが発生しました。」

その結果、アクティベーションとWiFi同期プロセスが失敗しました。

これを克服するには、次の手順を実行してください。

  • ステップ1Windowsキー+ Rを押し、「msconfig "> 」と入力して、 [ OK ]をクリックします。
MSCONFIGを開く
  • ステップ2[ サービス]タブに移動し、次のオプションを確認してください(下の画像を参照):
MSCONFIGの接続設定
  • 手順3:その場合は、[ 適用 ]をクリックし、[ OK ]をクリックします。次にコンピュータ/ラップトップを再起動します。

その後、インターネット接続を以前のホットスポットと同期する手順をもう一度お試しください。正常なはずです。

Windows 10専用の追加のヒント

CMD Windows 10なしでホットスポットを作る

CMDを使用する場合、ホットスポットをアクティブにするには、最初に特定のコードを入力する必要があります。

ただし、アニバーサリーアップデートの最小バージョンを使用しているWindows 10ユーザーの場合、設定メニューから直接ホットスポットをアクティブ化できます。

どうやって:

検索フィールド >タイプ「設定」>開く>は入力ネットワークとインターネットメニューを>クリックしてモバイルホットスポットをその後に設定を変更> オン

さらに、[ 編集 ]ボタンをクリックして、WiFiアクセスとWiFi名とパスワードの両方を変更することもできます。

閉鎖

Windows 7、Windows 8、またはWindows 10でCMDを使用してWiFiホットスポットを作成することはそれほど難しくありません。

上記の方法で、たとえば携帯電話などの他のデバイスで以前に作成されたホットスポットを楽しむことができます。

ああ、はい、以前のネットワーク同期エラーのほかに、ここで説明されていない他のエラーもある可能性があります。ですから、後で下のコメント欄を使って直接質問してください。

役に立つかもしれません。

関連記事