WordをOffice 2007でPDFに保存する方法

WordをPDFに変更する必要がある場合があります。特に、タイピングの結果を他の人がより簡単に読みたい人のために。したがって、WordをPDFに変更するオプションが最良だと思います。

現在、ドキュメントを入力するために、Office Wordの異なるバージョンを使用している人は少なくありません。2003、2007、2010などがあります。

特にこの記事では、特にOffice Word 2007で WordファイルをPDFにする方法について説明します。

WordをPDFに保存する方法

以前、AndroidでWordをPDFに設定する方法についての記事を作成しました。

まあ、私はMS Office Word 2007のユーザーの1人なので、複雑な作業を行わずに、入力したドキュメントの結果をPDFに直接保存する方法を思いついたのです。

実際、ドキュメントを保存したいときと同じように、最初は[ 保存 ]でこのオプションを使用できると思いました。しかし、私がチェックした後、何もありませんでした:

ドキュメントとして保存

閲覧後、いくつかの追加の方法があることがわかりました。これにより、以前に入力したWordを直接PDF形式で保存できます。

そして、この記事のタイトルに従って、この方法について説明したいと思います。つまり、Word 2007をPDFに保存する方法です。

方法は次のとおりです。

また読む:PDFサイズを拡大する方法

1. Word文書をPDFに即座に保存する

上記の結論から、Office Word 2007のすべてのバージョンにSave As PDF機能があるとは限りません。

さて、上で述べた追加の方法として、アドインをインストールする方法は、Microsoft Save as PDF or XPSです。

名前が示すように、このアドインはMicrosoft Office Word 2007でPDFおよびXPSとして保存をサポートするように機能します。

このプログラムは、Microsoftの公式Webサイトから直接無料で入手できます。どうやって:

ステップ1:最初に、Microsoft Save as PDFまたはXPSページにアクセスし、使用している言語を選択してください

Microsoft Save as PDFまたはXPSツール

ファイルサイズ自体は実際には1MB未満です。そして、それをインストールする方法については、それはいつものように行うことができます(クリックしてインストールするだけです)。

ステップ2:アドインがインストールされた後、次のステップはOffice Wordを開き、次にCtrl + O(開く)>>で保存するドキュメントを選択します。

ドキュメントを閲覧する

ステップ3:節約のために今、クリック左上のメニュー >>その後、選択として保存し、その後選択>> PDFまたはXPSのオプションを:

PDF / XPS名前を付けて保存

最後に、通常どおりに保存するだけです。難しくありませんか?

2. Word 2007文書をソフトウェアなしでPDFに保存

上記の方法は、Word 2007から直接実行できます。次に、ソフトウェアなしで保存したい場合はどうなりますか?

WordからPDFファイルへの変換をサポートしているサイトを使用してみてください。その1つがsmallpdf.comです。

Smallpdf.comは、ドキュメントエディターのニーズ、特にPDFのために特別に設計されたサイトの1つです。

このサイトには、変換、エディター、PDFの圧縮、PDFの分離またはマージなど、さまざまな機能があります。

どうやって使うのですか

ステップ1:最初にsmallpdf.comのWord to PDFページにアクセスし、次に[ ファイルを選択 ]をクリックします

Wordファイルをアップロードする

ステップ2:次に、変更するWordファイルを参照して選択します。

変更するWordファイルを見つけます

ステップ3:アップロードと変換のプロセスを待ちます。

WordをPDFに変換するプロセス

ステップ4:持っている場合は、それをコンピューター/ラップトップに保存するだけです。

PDFをコンピューターに保存

また読む:PDFをJPGに変換する方法

閉鎖

はい、これはWord 2007でPDFとして保存する方法、およびWord 2007バージョンでも実行できるWordファイルをPDFに保存する方法についての小さな情報です。

この情報は、Microsoft Wordを使用して作業することが多いため、PDFに保存する方法がわからない方のために作成しました。この情報がお役に立てば幸いです。

質問がある場合や、手順の1つと混同されている場合は、下のコメントボックスから質問できます。役に立つかもしれません。

関連記事