Wordで紙の表紙を作成する方法

論文を書き終えると、通常、人々はサポートとして特定のページを作成し続けます。たとえば、目次、表紙、添付ファイルなど。

さて、紙に関しては、紙の要素の1つを使用して、忘れないでください。うん、それはカバーです。

表紙は、一番手前にあるページです。このカバーには通常、論文のタイトル、編集者の簡単なプロフィール、学校の名前が含まれています。つまり、カバーペーパーを作成することは非常に重要です。

製造に関しては、実際にMicrosoft Wordを使用して直接紙のデザインをカバーできるため、単純なカバーのある紙を頻繁に目にしても驚かないでください。

まあ、その機能を考えることは非常に重要です+それでもその作りを理解している人ではありません、ここでそれについて議論したいと思います。つまり、Office Wordソフトウェアを使用して紙の表紙を作成する方法です。

紙のカバーを作っているあなたにとって、どれが役に立つと思いますか?

次に、次の方法について説明します。

また読む:Wordで封筒を簡単に作成する方法

Wordで紙の表紙を作成する方法

ステップ1:まず、Office Wordを最初に開いてください。ここで使用するバージョンは2007バージョンですが、どのバージョン(2007、2010、2013、2016)でも自由に使用できます...

ステップ2:次のステップは、作成した用紙を開き、上部(開始ページ)に新しいページを作成することです。ただし、まだ作成していない場合は、直接設計段階に進むことができます。次 ...

手順3:スタートページで[ 挿入 ] タブをクリックし、表紙を選択します。ここでは、カバーを自動的に作成する基本テンプレートを選択できます。

自動カバーペーパー

ステップ4:これらのカバーのいずれかを選択してください。混乱している場合は、紙のデザインでは通常、保守的な方法を使用します。

ワードペーパーをカバー

ステップ5:選択すると、用紙はドキュメントの開始ページに自動的に添付されます。ここで文章を編集するだけです。

Wordでカバーペーパーを自動的に作成するleskompi

まあ、それは簡単ですよね?上記の方法を使用すると、紙のカバーをすばやく作成できます。ほんの数分でもすぐに終了することが保証されています。

また読む:Word 2007で目次を作成する方法

Wordで手動でカバーペーパーを作成する方法

上記の手順は、Wordで紙の表紙を自動的に作成することです。手動で作成したい場合は可能ですか?

答えはもちろん可能です。最初の方法とは異なり、紙のカバーを手動で作成することは、後で必要に応じて変更できます。

すぐに、それはそれを作る方法です:

紙カバー作りのポイント

先に進む前に、このペーパーには、記入する必要のある要素があります。忘れないように、ここにポイントがあります:

  • タイトル:ほとんどのタイトルは一番上にあり、フォントサイズは14(またはそれ以上)で、太字の設定と大文字で書かれています。

    ロゴ:表紙の真ん中に、通常、中規模の学校/大学のロゴがあります。

  • 著者プロファイル著者プロファイルは確かに必須です。この点については名前で書くことができます、またはクラスで完了することも許可されています。

    学校/大学名:大文字で太字で表記されています。特に大学の場合は、教員も書くことを忘れないでください。

  • :最後に、論文を作成した年を記入するだけです。

タイトルを除いて、実際の位置はニーズによって異なる場合があります。

最も重要なことは、紙の表紙がきれいに見えるように、できるだけポイントを逃さないことです。

次に、作成に進みます。

Wordで紙の表紙を手動で作成する方法:

ステップ1:Office Wordを開き、新しいドキュメントを作成します。

ステップ2:最初にタイトルを作成します。論文のタイトルを記入し、必要に応じてフォントを調整し、太字にします。

紙の表紙に名前を付けます

ステップ3:[ 挿入 ]タブに移動し、[ 画像 ] をクリックします。次にカバーに付けたいロゴを入れます:

紙カバーのロゴ

ステップ4:ライターとしてのプロファイルを作成します。さて、忘れないでください。通常、紙の表紙には、次のような「Compiled by」という文があります。

ステージ3の紙をカバーする

ステップ5:大学または学校に名前を付けます。フォントは通常、大きくするために少し設定されており、通常は太字になっています。

大学の名前を教えてください

ステップ6:次に製造年を示します。

ステージは紙が作られた日付を示します

手順7:最後に、Ctrl + A(すべて選択)をクリックし、次にCTRL + E(中央揃え)をクリックします。

手動で作成したカバーペーパー

これで紙カバーが完成しました。

上記の製造工程は一例です。

もちろん、必要に応じて再度編集することもできます。たとえば、特定のフォントの色やページを指定するには、余白を調整するか、ページに線を引きます。

また読む:組織構造を作成したいですか?これがチュートリアルです(Office Wordを使用)

閉鎖…

紙のカバーを作ることは、私たちが作る紙により多くの価値を与えることができるので、間違いなく重要です。

さらに、カバーを設けることで、紙の見栄えがよくなり、すっきりします。

さて、上記で説明したWordの論文をカバーする方法についてのチュートリアルで、それを行う方法を知らないかもしれない人々に役立つ情報が提供されることが期待されています。

用紙の表紙やWordについて質問がある場合は、下のコメント欄から送信できます。役に立つかもしれません。

関連記事