WindowsでインターネットアクセスなしのWiFiを克服する方法

WiFiを接続する場合、すべての設定が正しい場合は、インターネットをすぐに使用する必要があります。

そうであっても、その時に私たちは時々特定の問題に遭遇することさえあります。そのうちの1つ、「インターネットにアクセスできません」というメッセージが表示されます。

WiFiが接続できない問題とは対照的に、WiFiがインターネットにアクセスできない問題は、WiFiが実際に接続されているがインターネットネットワークが使用できない状態です。

特徴は、エラーページが表示されますに、ブラウザ、あるいはまったく応答していません。

インターネットにアクセスできない WiFiは、いくつかの原因が考えられます。間違ったルーター設定、間違ったWindows 設定から始めて、プロバイダー自体からのネットワーク干渉まで。

Windows 7、8、10でWiFiをインターネットにアクセスしない方法

私にとって、この問題は非常に一般的です。私は毎日WiFiにアクセスしているため、「インターネットにアクセスできません」というメッセージも頻繁に発生します。通常、特定の時間帯、特にピーク時に表示されます。

さて、そのため、この記事では、接続できないWiFiに対処する方法について説明します。そのため、「インターネットにアクセスできません」というメッセージが表示されます。

特にこの問題が発生している場合は、このソリューションが役立つことを願っています。

注:これらのソリューションは、Windows 7、Windows 8、およびWindows 10に実装できます。

1. ルーターを再起動します

ルーターを再起動します

インターネットにアクセスできません」というメッセージが表示されたときに最初に行うことは、通常WiFiトランスミッターを最初に再起動することです。

このソリューションは非常に効果的です。を再起動することにより、WiFiは通常更新されるため、以前に発生したエラーは再び正常になる可能性があります。

メソッドは次のとおりです。

  1. WiFi管理ページを開きます(試行:192.168.1.1)。
  2. ログイン後、設定ページを開きます。
  3. デバイス設定を入力します。
  4. そこでルーターを再起動してください。

その後、コンピューターまたはラップトップをWiFiに再度接続し、結果を確認してください。

2. Pingを実行する

Ping CMDを実行する

WiFiが接続されている場合、インターネットはすぐに実行できるはずです。そうでない場合は、WiFiに問題があり、応答できないことを意味します。

したがって、あなたがしなければならないステップの一つは、それをチェックすることを目的として、WiFi接続をpingすることです。

手順は次のとおりです。

  • ステップ1Windows + Rボタンをクリックし、「CMD」と入力します。目標は、コマンドプロンプトを開くことです。
WindowsでCMDを開く
  • ステップ2。コマンドプロンプトページで、「ping google.com -t」と入力します。
Googleにping
  • ステップ3。結果をご覧ください。

上の画像は、通常のWiFiインターネットpingの例です。一方、応答しない場合は、通常、RTO(Request Time Out)メッセージが表示されます。

さて、RTOメッセージが表示された場合は、以前と同様にモデムを再起動してみてください。

また読む:WiFiをコンピューターに接続する方法(手順+写真)。

3. サービスを再起動します

WiFiネットワークサービスを再起動します

Windowsでは、接続されているすべてのデバイスが検出され、保存されます。

これに関連して、サービス WiFiで更新を行うことができる取り決めがあります。これは、WiFiでのインターネットアクセスないことを克服するのにかなり強力な場合があります。

さらに、このオプションはすべてのバージョンのWindowsでも使用できるため、試してみるのに支障はありません。

方法は次のとおりです。

  • ステップ1。で、検索フィールド、タイプ「Adminisrativeツール」、そして結果を開きます。
管理接続ツール
  • ステップ2。次に、サービスを見つけて開きます
Windowsサービス
  • ステップ3DHCPクライアントDNSクライアントを探し、再起動します。
Windows DHCP設定

これらの手順を適用した後、WiFiを再接続してみてください。この方法は、接続されているWiFiを克服するのに効果的であることが証明されています、インターネットアクセスはありません

4. アダプターを無効にする

WiFiアダプターを無効にする

この無効化アダプターは、インターネット接続のさまざまな問題を克服するために非常に効果的です。

まあ、私の経験から、アダプターを無効にすると、感嘆符のあるWiFiでインターネットにアクセスできないという問題も解決できることがわかりました。

メソッドは次のとおりです。

  • ステップ1検索タスクバーの列に「ネットワークと共有センター」と入力し、結果を開きます。
ネットワークと共有センターを開く
  • ステップ2。次に、[ アダプター設定の変更 ]をクリックします。
アダプター設定メニューの変更
  • ステップ3。次に、通常使用するWiFiを選択し、[ このネットワークデバイスを無効にする ]をクリックします。
WiFiを無効にする
  • ステップ4。その後、もう一度 [ このネットワークデバイスを有効にする]をクリックします。
WiFiを有効にする

次に、もう一度WiFiを接続して、メッセージがまだ表示されるかどうかを確認します。

5. 一時ファイルを削除します

一時ファイルを削除

File t empは、Windowsの使用に付属するファイルです。たとえば、ブラウジングアクティビティ、ゲームのプレイなどです。

まあ、WiFiの使用も含まれています。

この一時ファイルは多かれ少なかれ保存されているキャッシュファイルです。その機能は、Windowsのパフォーマンスをより速く実行できるようにすることです。

インターネットにアクセスできない問題を解決するには、ファイルを削除してください:

  1. Windows + Rボタンをクリックします。
  2. temp」と入力し、[ OK ]をクリックします。
  3. そこにあるすべてのファイルフォルダを削除します

これにはさまざまな機能と利点がありますが、この一時ファイルはWiFiにインターネットアクセスも発生させない可能性があります。したがって、上記を削除してください。

6. DNSを変更する

Windows WiFi DNSを変更する

WiFi上のDNSは通常、WiFiが接続されると自動的に取得されます。

まあ、でもDNSを手動で変更することもできるので、自動にする必要はありません。

私が読んだいくつかの情報源に基づいて、DNS WiFiを変更すると、WiFiでインターネットにアクセスできないという問題も克服できます

メソッドは次のとおりです。

  • ステップ1。[ ネットワークと共有センター]を開き、[アダプターの設定]を入力します。
アダプター設定ウィンドウの変更
  • ステップ2。使用するWiFiを右クリックし、[ プロパティ ]をクリックします
WiFiプロパティ
  • ステップ3。[ TCP / IPv4 ]をクリックし、[ プロパティ ]をクリックします
WiFiインターネットプロトコル設定
  • ステップ4。DNS設定を手動に変更し、次に示すようにDNSフィールドに入力します。
DNS設定を手動に変更する

次に、まずコンピューターを再起動してから、WiFiをもう一度確認します。

また読む:Windows に簡単に接続できない場合の対処方法。

7. CMDでIPをリセットする

CMDでIPをリセット

コマンドプロンプトは、Windowsのさまざまなエラーを修正するために使用できるWindowsアプリケーションです。

まあ、WiFi接続の問題を克服するためにも独自のコマンドがありますね。

方法は次のとおりです。

  1. 検索フィールド、「入力CMDを」。
  2. 次に、CMDを右クリックします。
  3. [ 管理者として実行]を選択します
  4. コマンド「ipconfig / flushdns」を入力します。
  5. Enterキーを押します。

次に、Enterキーを押しながら、次のコマンドを1つずつ入力します。

  • nbtstat -R
  • nbtstat -RR
  • netsh int ip reset c: resetlog.txt
  • netshwinsockリセット

その後、コンピュータを再起動します。

閉鎖

接続できないWiFiの問題が発生すると、「インターネットにアクセスできません」というメッセージが表示され、常に面倒な問題になります。特に修正されていても、何度も何度も表示されます。

さて、上記の7つの方法を使用して、PCまたはWindowsラップトップでWiFi アクセスないというWiFi 問題が完全に解決され、WiFiが再び正常になることを願っています。

試してもまだできない場合は、使用しているプロバイダーが実際に干渉を受けている可能性があることに注意してください。

プロバイダーに連絡して、チェックと修理をできるだけ早く行うことができます。

役に立つかもしれません。

関連記事