Windowsタスクバーを非表示にする方法

すでに知っていますが、タスクバーとは何ですか?

簡単に言うと、タスクバーはWindowsの下部にあるメニューです。

このタスクバーメニューは、Windows 95の時代から存在し、Windows XPで広く使用されるようになりました。ただし、この機能はWindows 8では姿を消し、最終的にWindows 10で再び復元されました。

Windowsタスクバー機能

タスクバーには多くの機能があり、そのうちのいくつかは次の場合に役立ちます。

  • ユーザーのナビゲーションを容易にします。
  • ユーザーがアプリケーションを開きたい時間を短縮します。
  • インターネット接続を接続します。
  • 日付情報を表示します。

その他。とにかく、このタスクバーには多くの用途があります。

まあ、便利ではありますが、タスクバーが煩わしいこともあります。

たとえば、コンピューターがストリーミングやタイピングに使用されている場合です。タスクバーが画面表示をブロックしている可能性があります。

特にモニター画面が小さい人はワイドに見えるので見苦しい。

したがって、今回はたまたまWindows 10でタスクバーを非表示にする方法を理解する必要があります。

Windows 10でタスクバーを非表示にする方法

タスクバーを隠すのはとても簡単です。私にとっては、10秒は必要ありません。完了しました。

気になりますか?以下は、手順の図です。

  1. タスクバーを右クリックします。
  2. 次に、[ タスクバー設定 ]をクリックします。
  3. デスクトップモードでタスクバーセクションを自動的に非表示にするをオン設定します

このようなより完全な:

  • 手順1. Windowsの下部で、タスクバーを右クリックします。
  • ステップ2.次に、そこにオプションが表示されます。タスクバー設定オプションを選択してください。
  • ステップ3. デスクトップモード[タスクバーを自動的に非表示にする]セクションクリックして、位置を[ オン]にします。

後の設定がある上に、次にタスクバーが自動的に自動的に非表示にされるべきである、とする場合にのみ再度分かるカーソルがされ(導かホバーをデスクトップの下に)。

本当にシンプルでしょ?

はい、タスクバー設定ページには、他にも試してみることをお勧めする設定がいくつかあります。

  • タスクバーをロックする:これは、レイアウトが変更されないようにタスクバーを作成するのに役立ちます。
  • タブレットモードでタスクバーを自動的に非表示にする:以前と同じ。この設定はタブレット固有のものです。
  • 小さなタスクバーアイコンを使用する:これもアクティブ化されていると見なすことができます。特に小さな画面を使う人のために。

残りは自分でテストしてください、はい。

Windows 10で非表示にできないタスクバーを克服する方法

タスクバーの非表示は、実際には10秒で実行できます。問題は、タスクバーを非表示にしたくない場合はどうなるのでしょうか。

さて、これはもう一度確認する必要があります。使用されているWindowsシステムに問題がある可能性があります。その間、これを克服するために、次のヒントに従うことができます:

1. Windowsエクスプローラを再起動します

このタスクバーは、実際にはWindows Explorerセクションに含まれています。通常、Windowsエクスプローラを再起動すると、問題のあるタスクバーを処理するのに役立ちます。

このように:

  1. キーボードの組み合わせキーCtrl + Shift + Escを押して、タスクマネージャを開きます。
  2. タスクマネージャーが開いたら、 [ プロセス ]タブを開きます。
  3. さて、そこで実行されているWindows Explorerアプリケーションを見つけてみてください。
  4. [ 再起動 ]ボタンをクリックして、Windowsエクスプローラを再起動します。

他にも試してみる方法があります:

  1. 以前と同じようにタスクマネージャーを開きますCtrl + Shift + Esc)。
  2. [ 詳細 ]タブをクリックし、[ Explorer.exe ]を選択します。
  3. [ タスクの終了]をクリックして、エクスプローラーを停止します。
  4. 次に、[ ファイル ] > [ 新しいタスクの実行 ]をクリックし、「explorer.exe」と入力して、[ OK ]をクリックします。

その場合は、タスクバー設定ページを開いてから、設定をアクティブにして、タスクバーを非表示にしてください。

2. 設定アイコン設定にオフ

メニューに表示されるアイコンは、Windowsのタスクバーを非表示にできない理由の1つです。これを克服するには、次の方法に従います。

  1. Windows + Iボタンクリックします。
  2. パーソナライゼーションメニューを開き、次にタスクバーメニューを開きます。
  3. タスクバーに表示されるアイコンを選択するページに移動します
  4. 設定を[オフ]に変更します。

したがって、タスクバー上のアクティブなアイコンはすべて消えます。前述のように、手順を繰り返してタスクバーを非表示にします(テストするため)。

参照:欠落しているカーソルウィンドウを克服する方法。

3. ローカルグループポリシー設定

実際、このグループポリシーは、追加のWindows設定に適用されます。以前のアイコンに関連したまま、以下の手順に従います。

  1. Windows + Rボタンをクリックします。
  2. 「gpedit.msc」と入力します。
  3. OKをクリックします。

その場合は、次の設定を入力してください。

[ユーザーの構成]> [スタートメニューとタスクバー]> [すべてのタスクバー設定をロック]。

設定をオフに変更してください。

また、あなたも試すことができます設定に次の設定を有効に

  • 機能広告バルーン通知をオフにします。
  • 静かな時間帯に通話をオフにします。
  • すべてのバルーン通知をオフにします。
  • タスクバーへの通知アイコンの自動昇格をオフにします。
  • トースト通知をオフにします。

その後、まずコンピュータを再起動します。

4.まだできませんか?ウィンドウをリセット

それができない場合は、システムに問題がある可能性があります。😀

あなたが克服しようとすることができるヒントは、リセットすることです。非表示にできないWindowsタスクバーを克服する方法は非常に効果的です。

この方法については別の記事で説明しました。データをまったく失うことなくWindows 10 をリセットする方法を読むことができます。してみてください。

最後の言葉

Windows 10でタスクバーを非表示にする方法についての説明です。非表示にするのは簡単です。しかし、エラーがある場合、これを修正するのは困難です。

このディスカッションに関連する質問がある場合は、以下のコメント欄から送信してください(はい)。

役に立つかもしれません。

関連記事