Windows 10セーフモードに入る方法

セーフモードはWindows 10の高度な機能であり、Windows OSのトラブルシューティングに使用できます。

改善に使用できるこの機能:

  • そのエラードライバー
  • ウイルスやマルウェアの削除。
  • システムの復元を実行します
  • その他。

Windows 10でセーフモードに入るにはどうすればよいですか?

したがって、答えは、少なくとも4つの方法があります。

  • まず、F8キーを使用してセーフモードに入ります。
  • 次に、設定機能からWindows 10 セーフモードに入ります。
  • 3番目に、msconfigを使用してWindows 10 セーフモードを開きます。
  • 4番目にログイン画面からWindows 10 セーフモードに入る方法。

この記事では、上記の各方法について詳しく説明します。はい、最後までお読みください。

何がセーフモードは

以前は、セーフモード機能について最初に説明しました。

セーフモードは、ラップトップとコンピューターの両方で、Windowsオペレーティングシステムのトラブルシューティング機能を備えたWindows 10の固有の機能です。

このようなメリットの例:

コンピュータが破損したり、ドライバなどの影響を受けた場合。通常、Windowsは自動的に中断されます。

さて、あなたはこのセーフモード機能を通じてこの問題を克服することができます。

ちょっとした情報ですがセーフモードを使用してWindows 10に入ると、画面表示が黒く見えます。セーフモードをアクティブにすると、特定のシステムファイルと重要なドライバのみがアクティブになるためです。

さらに、Windows 10システムの下隅に「セーフモード」という単語も表示されます。

ですから、心配する必要はありません。へへ。

セーフモード機能は、Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、およびその他の以前のバージョンのWindowsで使用できます。

Windows 10 セーフモード機能の重要性は何ですか?

セーフモード機能は明らかに非常に重要です。なぜなら、この機能は、ドライバー、ウイルススキャン、およびシステム回復を改善するのに役立ちます。

したがって、Windows エラーが発生した場合は、コンピュータにオペレーティングシステムをインストールする必要はありません。

Windows 10 セーフモードに入る方法

先に述べたように、セーフモードにするにはいくつかの方法があります

このようにして、最適と思われる方法を選択できます。必要に応じて調整してください。

1. Windows 10でF8キーを使用してセーフモードに入る方法

最も簡単な方法は、Windowsの起動時にF8キーを繰り返し押すことです。

手順:

  1. 通常通りコンピュータの電源を入れてください。
  2. BIOS画面が表示されるまで待ちます。
  3. その後、黒い画面が表示されます(BIOS画面の直後)。
  4. F8キーを繰り返し押します。
  5. 選択メニューが表示されます。
  6. [ セーフモード]を選択します

Windowsがセーフモードになるまでしばらく待ちます。それは簡単です?

2. 設定機能を使用してWindows 10 セーフモードに入る方法

この方法では、Windows 10オペレーティングシステムにログインしたときに、セーフモードに入ることができます。

手順は同じくらい簡単です、本当に:

ステップ1設定メニューを開きます。トリックは、スタートメニューをクリックします。次に、[ 設定]メニューを選択してクリックします。

ステップ2Windowsの[スタートアップの設定]ページが開くまでしばらく待ちます。

ステップ3アップデートとセキュリティメニューを選択してクリックします。

ステップ4:次に、左側のパネルで[ リカバリ ]メニューを選択します。次に、[ 高度なスタートアップ ]メニューの[今すぐ再起動 ]機能をクリックします。

手順5:その後、[ トラブルシューティング ] > [ 詳細オプション]  > [ 起動設定] > [ 起動]をクリックします。

手順6セーフモードオプションを選択します。

後で使用できるいくつかのオプションがあることに注意してください。

  • キーボードの4またはF4を押して、Windows 10でセーフモードを開始します。
  • 5またはF5を押して、ネットワーク経由でWindows 10 セーフモードを起動します。
  • プレス6またはF6のWindows 10入りするセーフモードをプロンプトコマンド経由。

ステップ7:完了。

Windows 10でドライバーの署名を無効にする方法もご覧ください

3. Windowsシステム構成(msconfig)からWindows 10 セーフモードに入る方法

次の方法で、Windows 10 セーフモードに入るには、システム構成ツールを使用することもできます。通常、MSCONFIGを呼び出します

手順1Windowsシステム構成ツールアプリケーションを開きます。

アプリケーションを開く方法は非常に簡単です:

  • まず、Windows + Rを押します
  • 次に、RUN ポップアップの空いている列に「msconfig」と入力ます。
  • 3番目に、Enterキーを押してシステム構成ユーティリティアプリケーションを開きます。

ステップ2:システム構成に入った後。セーフブートオプションを選択します。

この段階で、[ Boot ]タブをクリックします。起動オプションの下部で、必要なセーフモード機能を選択できます。

最低でも標準のセーフモードオプションとして機能します。
代替シェルコマンドプロンプトでセーフモード機能に入る機能。
通信網ネットワーキングでセーフモードに入る機能。
Active Directoryの修復Active Directoryサーバーを修復します

個人的には、通常は最小限のものを使用します。

手順3セーフブート設定を選択したら、すぐに[ 適用 ]をクリックし、[ OK ]をクリックして終了します。

ステップ4:Windows 10をすぐに再起動して、セーフモード機能に入ります。この段階では、待つだけです。

ステップ5:よし。

4. ログイン画面からWindows 10 セーフモードに入る方法

以前はシステムにアクセスできませんでしたが、ログイン画面に入ることができませんでした。

まあ、あなたもそれを経験しているなら、最も簡単な解決策は、Shift + 再起動のキーの組み合わせでセーフモードに入ることができます。

メソッドはこれです:

ステップ1:Windows 10を再起動し、ログイン画面またはサインイン画面が表示されるまで待ちます

ステップ2ログイン画面のページが表示されたら、キーボードのShiftキーを押します。押し続けて、離さないでください。

手順3:右下隅の電源アイコンをクリックします。次に、[ 再起動 ]をクリックします。

ステップ4WinRE画面に入るまでしばらく待ちます。[ トラブルシューティング] > [ 詳細オプション] > [ 起動設定] > [ 起動]に進みます

手順5:次に、[ トラブルシューティング ] > [ 詳細オプション] > [ 起動設定] > [ 起動]をクリックします。

ステップ6:Windows 10システムの再起動後、Windows起動オプションのリストが表示されます。必要に応じてセーフモード機能を選択します。

手順7:Windowsシステムがセーフモードになるまで待ちます

ステップ8:完了。

また読む:Windows 10 をリセットする方法[保証された安全!]

最後の言葉

以上が、Windows 10でセーフモードに入る方法についての説明です。

セーフモードには、特にエラーを修正するために非常に重要な機能が含まれています- システムに存在するエラー。本当に時間を節約できます。😀

このディスカッションについて何か質問がある場合は、下のコメント欄から送信してください(はい)。

役に立つかもしれません!

関連記事